DPCコーディングアプリケーションついて

このページでは、弊社で開発しましたDPC(Diagnosis Procedure Combination;診断群分類)コーディング・ツールのクラウドコンピューティング・バージョンをご紹介しています。
DPCコーディングツールのアドレスは下記の通りです。
http://www.mvb-cappa.com/dpcss/frmdpcmain.csp

DPCコーディングツールでは、樹形図で表現されているDPCコードを上位から順番に指定していくことで、指定した内容からDPCコードを確認することができます。

特徴
注意事項
以下、順番にDPCコーディングアプリケーションの使用方法を記載していますので、是非一度実際に動作させてみて下さい。
下記の手順では、InternetExplorer7(Windows版) を利用しています。


主要診断群分類の指定

DPCコーディングアプリケーションへのアクセス

DPCコーディングアプリケーションのアドレスは、 http://www.mvb-cappa.com/dpcss/frmdpcmain.csp です。

画面が表示されたら、主要診断群分類の左端にある[検索]ボタンをクリックして下さい。

 

主要診断群分類の選択

選択(クリック)できる主要診断群分類の一覧表が表示されます。
このドキュメントでは、No.1「神経系疾患」を選択(クリック)します。
※マウスカーソルが位置付けられた行の背景色が黄色になります。


診断群分類の選択
選択(クリック)された主要診断群分類に対応する「主要診断群分類」を選択(クリック)する為の一覧表画面が自動的に表示されます。
このドキュメントではNo.1の「脳腫瘍」を選択(クリック)します。
※以下、同様に選択項目の一覧表が自動的に表示されます。また、選択する必要の無い項目は自動的に「x」となり、スキップされます。


期間・点数等の確認
「重症度 等」までの項目の選択が完了したら、[入院期間、点数、特定入院期間の確認]ボタンをクリックしてDPCコーディングを実施します。



日付の選択(カレンダー)
「主要診断群分類」〜「重症度 等」で指定された内容でDPCコーディングをした結果(診断群部類名、包括対象区分、期日、素点)が表示されます。

入院開始日と退院予定日を指定することで、指定された期間での期日、素点を算定することができます。
入院開始日と退院予定日は、西暦で指定して下さい。(yyyy/mm/dd 形式でお願いします。)

※入院開始日、退院予定日の青い部分をクリックするとカレンダーが表示されます。カレンダーから選択すると便利です。

カレンダー

下記のようなカレンダーが表示されます。
当日は、だいだい色でマークされています。
マウスカーソルが位置付けられた日は、水色でマークされます。


期間・点数の算定
入院開始日と退院予定日を指定したら、[期間・点数の算出]ボタンをクリックして下さい。

検索結果一覧表示
算定された期間・点数を一覧表で確認することができます。
[検索結果一覧表示]ボタンをクリックして下さい。



検索結果一覧表示(1)
下記のように算定した結果が表示されます。

[戻る]ボタンをクリックして、元も画面に戻り、「処置等 2」の値を「5」に変更し、期間・点数の算定をして、[検索結果一覧表示]ボタンをクリックして下さい。


検索結果一覧表示(2)
下記のように「処置等 2」を変更する前と変更した後の算定結果の比較ができます。。



在院日数での算定
期日・点数の算定は「在院日数」から実施することもできます。

期日・点数の算定は、
  • 入金開始日〜退院予定日
  • 在院日数
のどちらかで指定して下さい。(混在させることはできません)



病名検索

病名を検索して「医療資源を最も投入した傷病名」に指定することができます。

[病名からの検索]ボタンをクリックして下さい。



キーワード検索
病名を検索するキーワードは全部で5個指定することができます。
各キーワードは、どれかに一致してれば良い(OR条件)で検索されます。

2つ以上の値を含んだ病名を検索する場合には「%」で指定して下さい。
例えば,「急性%肝炎」と指定すると、病名に「急性」と「肝炎」が含まれた病名が表示されます。

病名選択
このドキュメントでは、キーワードに「カンエン」と指定しました。
No.2の「腎尿路生殖器系の結核」を選択(クリック)します。

病名選択後の検索
病名を検索すると、「主要診断群分類」〜「医療資源を最も投入した傷病名...」までの項目に値がセットされます。
「入院目的」を指定(選択)するために、入院目的の左端にある[検索]ボタンをクリックします。

該当なし
この例では、選択できる入院目的はありませんでした。



終了
DPCコーディングアプリケーションを終了する場合には、[終了]ボタンをクリックして下さい。





ライセンスオーバー
DPCコーディングアプリケーションを開始するときには、利用可能なライセンスの空きがあるかどうかを確認します。
もし、その時点でライセンスが全て使用されていて空きがない場合には、下記の画面が表示されます。

以上がデモアプリケーションの操作手順です。
御不明な点など御座いましたらお知らせ下さい。


なお、弊社で動作確認したパソコンでのブラウザは下記の通りです。


戻る